AX

当サイト「ラキューLaQで作ったよ!」について

当サイト「ラキューLaQで作ったよ!」について

LaQ 立体作品 ウォーリー

当サイト「ラキューLaQで作ったよ!」は2008年〜2011年当時のブログを元にして2017年現在のスマートフォン対応のテンプレートに移設し、まとめ直したものです。

 

Movable Typeという、その頃人気のあったシステムで作ったブログが古くなってメンテナンスも大変になってしまったのでどうしようかなというところで、誤ってデータベースを削除してしまいました。

 

ブログ自体のデータは残っているので見られるものの、そのままではもう更新もできず、サイトのデータも削除するしかないかと考えたのですが…。

 

久しぶりに記事を眺めてたら、子供が幼い日のことが懐かしくなりました。
記事の中身は時間の経過とともにどんどん古びていきますが、子供が子供だった頃のことを残しておきたくなりました。

 

スマホ対応のサイトに生まれ変わらせよう!と決め、根性のコピペで記事を移すという暴挙に。

 

記事内容は、リンクが切れているものなど若干修正しましたが、ほぼ手を加えませんでした。
画像も当時のブログに掲載したものをそのまま引っ張ろうとしたのですが、サイズが小さいものが多いことに気付き、PCの奥にひっそりと眠るオリジナル画像を掘り起こしました。

 

それでも数年前のデジカメ画像はすでに画質も切ないものがありますね。
スマホで拡大して見るのには向きません。

 

結局全部手動!
めっちゃ大変だった…何やってんだろ?(^_^;)

 

Ryuは大きくなって、もうラキュー(LaQ)は作らなくなってしまいました。
このまとめ直し作業をしている2017年1月現在、高校2年生です。
夜な夜なPS4でファイナルファンタジーしてます。

 

まだラキューをはじめとしてお気に入りだったおもちゃは保管していますけれど。
親にとって子供が大人になっていくということは、寂しさもあります。
トイ・ストーリーのアンディみたいな感じですね。

 

ラキュー(LaQ)は完成度が素晴らしい知育玩具です。
入れ替わりが激しいおもちゃ業界にあって、定番として親から子供へ代々受け継がれていくのではないでしょうか。

 

やがて彼に子供が生まれたら、そこはどんな世界になっているのでしょう。
お下がりのおもちゃが使えたりするのかな?
今はまだ想像もつきませんが、その時がちょっぴり楽しみでもあります^^

 

2017年1月31日


ラキュー LaQ で作ったよ!の中の人

はじめまして。母です。

 

LaQ(ラキュー)を愛する少年Ryuはウチの長男(小3)です。
毎日ヒマを見つけては、コツコツなんだか作ってます。

 

それを見て母は「せっかくだからブログにしてみようかな。」と思いました。

 

ちなみに母は作品のお手伝いは一切しておりません。
公開した作品は全てRyuの自力によるものです。

 

そのうちLaQ芸術祭に応募して、限定クリアパーツを貰うのを夢見ているようです。
子供のチカラがいかほどのものか、見守ってみようと思います。

 

作品画像などを地味に公開していきますので、宜しくお願い致します。

 

ラキュー LaQ で作ったよ! の中の人々

 

ryu
Ryu・・・LaQラキューを愛し、ヒマを見つけてはコツコツ作品をつくる小学生。まったり系男子。
母・・・Ryuの母。シングルマザー。個人事業で生計を立てている。
Shi・・・しっかりしすぎのRyuのお姉ちゃん。特技は空手。最近小学校のバスケ部が忙しい。
ひめ・・・わが家に同居する、テキトーな柄の三毛猫。作品画像に時々登場。

 

2008年12月6日

スポンサードリンク

当サイト「ラキューLaQで作ったよ!」について 関連ページ

相互リンク集
ラキューLaQで作ったよ!:相互リンク集
当サイトへのお問い合わせ
ラキューLaQで作ったよ!:当サイトへのお問い合わせ
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー